婚活で条件が合わない際には・・・

運命の彼氏と結婚する方法
お名前(名字)

例:桜井
メールアドレス

例:info@fortune-women.com


恋愛や婚活の特集記事
各メディアに多数掲載中

雑誌1
雑誌2
雑誌3
雑誌4
雑誌5
雑誌6
雑誌7
雑誌8
雑誌9

現在参加可能な講座はこちら 教室へのお問合せはこちら

教えて有希先生

婚活で相手と条件が合わない場合は・・・

 

婚活を2年していますが、相手との条件が合わないことが多いです。妥協をするべきなのか、それとも自分の条件を通すべきなのか悩んでいます。このままだと結婚できないような気がしている私に、何かアドバイスをお願いします。

「 」からのワンポイントアドバイス
婚活の条件が合わない・・・それだけで決めるのはナンセンス
 

婚活においては、どういった男性と結婚したいのか・・・その条件をあらかじめ設定しておきます。
ですが、あまり細かく設定してしまうと、せっかくのチャンスを逃す事も・・・
条件はゆるやかに、臨機応変に設定しておくのが無難。
また、条件だけにとらわれて「条件に合わないから」なんて、一つでも当てはまらない項目があるだけで結婚対象外としてしまうのは早急すぎます
第一、自分が挙げる条件に適した男性というのは、それと同じくらいの条件を同じように求めているものなのです。

例えば、条件として「一流企業に勤めている、年収は1000万、初婚、大卒、結婚後は専業主婦」と設定していたとします。
その条件にぴったりの男性がいたとします。
ですが、その男性の条件は「正社員として働いた経験がある、パートでもいいので結婚しても仕事ができる、大卒、料理が得意な人、親との同居可能」だった場合はどうでしょうか?
すでに、結婚後の状態・・・つまりは専業主婦かパートかで条件が合わないですね。
ここで諦めるか、それとも妥協するかは本人次第です。

「妥協できない人」というのは、「相手の要求も受け入れらない人」ともいえます。
結婚は一人でするものではありませんので、いくらか相手の要求も聞き入れなくてはやってはいけません。
すべてにおいて譲れないとするのではなく、優先順位をつけて「譲れるもの」「どうしても譲れないもの」といったボーダーラインをつけるほうが、お相手を見つけやすくなります

条件はあくまでも目安です。
「条件が合わない」なんて固執しすぎてしまうのはナンセンス。
結婚は紙の上でするものではなく、人と人がおこなうものなのです。

他にも、婚活に関して役立つ情報をメールマガジンでも無料でお伝えしています。
婚活で成功していただくために、ぜひご活用ください。


このページでは「婚活で条件が合わない場合」についてお話しました。

また今私の教室では、メールマガジン「最愛の彼氏と結婚する方法」を無料でお届けしています。あなたと大好きな彼が急接近して結ばれる方法や、おふたりの幸せな結婚を叶えてくれる方法を、週1〜3回のペースで配信中です。

このメールマガジン(全国対応)では、私のレッスンやカウンセリングでお話している効果抜群の恋愛術を、実際の事例を交えながら楽しくお伝えしています。今のあなたの恋愛や婚活にも、きっとお役立ていただけると思います。

もちろんご購読は完全無料で、またいつでも簡単に解除していただけますので、ぜひ下記のメルマガ詳細ページもご覧になってくださいね。

「マスコミ出演多数の佐々木由起」が教える結婚法則 無料メルマガ 「運命の彼氏と結婚する法則」

運営者プロフィール

桜井有希

最愛の彼氏と結婚する方法
講師 桜井有希

大好きな彼との結婚や、男女間のコミュニケーションについて、レッスンやカウンセリングを実施しています。受講者さまの多くは30代~50代の女性で、毎回のレッスンは満員御礼が続出中。これまでのべ6000名以上の女性がレッスンを受講されています。

弊社の活動について

弊社は、女性が外面も内面も自信を持ち、素敵な彼氏に出会い、素敵な結婚をしていただくことを理念に、役立つサービスや情報をご提供させていただいております。

 

当社の詳細はこちら

ご不明な点がありましたらお気軽にお電話ください。年中無休

HOME教えて有希先生